体験会のお知らせ 11/26, 12/8東京、11/20, 12/7大阪で体験会を行います。詳しくはこちらをクリック

社会不適合者とレッテルを貼られて

【社会不適合者とレッテル貼られて】

今朝テレビでADHDの話をやっていました。

ADHDであることを早く見つけて治療して認めて社会に受け入れてあげましょう。

みたいな、趣旨でした。

もちろん、治療が必要な場合があるかもしれません。

が、

それでも、

あえて言わせてもらうとですね

病気と言う時点でそれ「人に合わせろ」って強制してますよね。

そりゃあさぁ、会社でチーム組んでて、伝達がうまくいかへんかったらあかんねやろけど、

でも、あえて言わせてもらうと

病名付けたらよけい「あんたは合わせられへん人」ってレッテル貼ってんのんと同じやん。

って思うのです。

会社にいたたまれへんねやったら、会社に行かない方法あります。

あたしの相方も家族も、全員社会不適合です(きっぱり)。

あたしは22年間サラリーマンやっていて、「これ以上雇われんのん無理ですー」ってなって独立しました。

独立する人や、フリーランスの人は、雇われているのが無理な人が多いので、そもそもなんかかんかで社会不適合です。

ちらかしまくって片づけられない人も、社会不適合だといわれます。

あたしは、物を片づけた後、扉を閉めることが出来ません(扉を閉める前に次の動作に入ってるからです)

5分前に見送ったお客さんの顔も名前もわからなくなるのも、もしかしたら社会不適合なのかもしれません。(あたしのことです)

もともと、クラスにうるさい奴もいたし、いじめっ子もいたし、暴力教師もいたし、仕事がさっぱりはかどらない奴もいたし、空気全然読めない奴もいました。

でも、病気ってレッテルを貼られることはありませんでした。

マスコミでは、病気だと認定されるメリットばかりが、クローズアップされますが、

病気だと認定されたとたんに、すべてが病気のせいになってします。

そして「ADHDの人は病気なんだから仕方ないよね。」って考えになるのです。

「仕方ないよね」ってこっちが正しいという考えです。

あたしは、サロン商売の仕方を教えていますので、「こうやったらお客さん来るで」ってセオリーは持っています。

でも、それって正しとか正しくないとかの問題じゃないんです。

ものすんごいしゃべりまくるオーナーもいてるし、ものすんごい物静かなオーナーもいてます。

大雑把でおおらかな人もいてるし、神経質で細やかな神経を持っている人もいます。

会社にいるのが辛くてリスク背負って独立しちゃった人もいっぱいいてます。

あたしは、自分のサロンに来るの人生はどんなんでもいいと思ってるし、うちの生徒の人生もどんなに破天荒だろうがいいと思っています。

「そんなこと、どうでもええやん」って思うからです。

なにかの基準に合わせ始めた途端に人は苦しみ始めるのです。

そして、比較して、辛くなります。

あたしは、家族に「こうしなきゃ嫌だ」って思うことがないので、喧嘩をするネタがまったくありません。

あたしはあたしの基準で家族に生きて欲しいなんてこれぽっちも思わないからです。

でね、朗報なんですが、嬉しい事に社会不適合な人は、どんどん生きやすくなります。

だって、在宅ワークは一気に増えますから。

家で仕事して、たまーーーにだけ打ち合せにいく。

家で勉強して、たまーーーにだけ学校行く。

そういう時代になって来てますから。

もしも、これ読んでるあなたが社会不適合者なら、脱サラはお勧めだし、在宅ワークは死ぬほどふえてきますので、生きやすくなりますよ~~~

社会不適合なんて言ってるやつはくそくらえだぁーーー