8/10.9/14東京、8/2.9/15大阪体験会参加者ただいま募集しております。詳しくはこちらをクリック

こんな時だから仕方ないのか?

今回の募集で開業サポートコースに入った方から「今は開業は厳しいですか?」と質問がありました。

わたしはこう答えました。
「関係ありません。」

よく、エステをやりたいと言うと、
「不況の時に財布のひもを締めるのは真っ先にエステとかの贅沢品だから、やめた方がいい。」と言われます。

何を隠そうわたしが10年前開業するときにそう言われたのです。

そう言って心配してくれるのは99%サラリーマンの方です。

でもね、実際に独立した人は知っています。

天災があろうが、不況だろうが、お客さんが減らないのはエステと痩身だって。

女子は、綺麗になることには、いつの時代も貪欲なんです。(いいことですね~)

今うちの生徒でお客さんからのキャンセルが入るのは、「子供が家にいるから。」と言う理由からです。

ですので、その他のお客さんはきちんとスケジュール通りに通ってくださっています。

景気が良くても、つぶれる店はつぶれます。

景気が悪くても、繁盛している店は繁盛しています。

あたしね一昨日、白金台でご飯食べるところはないかとうろうろしていたんです。

どうしても白いご飯が食べたかったので、一人で小料理屋に入りました。

そこで店主と世間話をしながらこう聞きました。

あたし「感染症で東京は大変なことになっていますが、お客さんって減っているんですか?」

店主「いや、みんな大変だろうからって食べに来てくれるんですよ。」

この言葉が今日のメルマガであたしが言いたい事の全てです。

日頃、どれだけお客さんのことを考えているのか?

それが、ピンチの時に出てくるんです。

自分の店の売り上げが悪いのを、何かのせいにするのは超簡単です。

でもね、「こんな時期だから仕方ない。」そう言っている人の隣で、繁盛している店はあるんです。

どんな地域の、どんな場所でも、どんなご時世でも、繁盛している店はあることを忘れないで欲しいのです。

百貨店にお客さんが来ないと言われているこの大変な時期に、百貨店に出店したアパレル業者で、前年比200%をたたき出した店があります。

わたしもいつもと変わらず、YouTube毎日撮っています。

メルマガも配信するし、ラインの配信もします。

小顔カレッジもおかげさまで大阪校はいつも通りに即日に満席になりました。

大変な時期だからこそ、「自分がどうあるのか?」が問われるのです。

絶対に道はあります。

逃げないで考えて欲しいのです。

あなたは、どうありたいですか?

こういう時だからこそ、考えてみましょうねー