体験会のお知らせ 9/8・10/29東京、9/16・10/30大阪で体験会を行います。詳しくはこちらをクリック

サロンの新規集客を飛躍的に伸ばす方法

【サロンの新規集客を飛躍的に伸ばす方法】

サロン経営で、いちばん悩みどころは新規顧客の獲得なわけです。

この新規の数を左右するのがキャッチコピーなんです。

サロンを経営している人で、キャッチコピーの講座とか、ライティングの講座に行ったことある方はどのくらいいるでしょうか??

わたしは、ラィティングの講座に相当たくさん行ったし、相当高額のお金をつぎ込みました。

実は今も半年シリーズで通っています(笑)

ライティングの講座って何するかと言うと、みんなで広告文考えたり、広告の型を学んだりします。

で、なぜこの広告がお客さんが来るのか??を学びます。

お客さんが目を止めるキャッチを書いて、お客さんが知りたい説明文を書けば、新規の集客は出来るんです。

そこで、たくさんの事業主に会いましたが、ほとんどがネットビジネスをやっている人か、会社の広報担当か、その他の業種の社長さんでした。

あれあれ?なんで、サロンオーナーはいないのかしら? あたしはいっつもそう思ってました。

わたしは小顔カレッジの経営コースで、生徒にキャッチを作ってもらいます。

そして、そのキャッチ(例えば20個)とかをFBに投稿してもらって、生徒に投票してもらいます。

すると、生徒が選ぶキャッチと、あたしが選ぶキャッチがことごとく違うんですね(汗)

なんでやと思います?

それは、生徒が選ぶキャッチは「私が言いたい事」で、あたしが選ぶキャッチが「お客さんの知りたい事」だからです。

経営者が、コンサルと契約して、コンサルに高額を払うのは、コンサルが「お客さんの知りたいこと」を知っているからです。

だーかーらー、コンサルが入ったチラシは反応が高いし、コンサルが入ったホームページはお客さんが来るようになるんです。

わかりますか?

コンサルと契約して売り上げ伸びるのは、コンサルが「お客さんが何を知りたいのか?」を知っているからなんです。

なら、自分で「お客さんがなにを知りたいのか?」がわかるようになればいいですよね。

だから、経営コースの生徒には、自分で「お客さんの知りたいこと」が分かるようになってもらうようにキャッチコピーの指導をしているんです。

今あたしが見ている現役の経営コースの生徒は、入学してまだ1月も経っていません。

で、経営のけの字も教えていないうちから、キャッチコピーの訓練に入っています。

経営者目線になってしまってからでは、 お客さん目線になっているつもり お客さんの気持ちになっているつもり になるからです。

そして今、どんどん経営者目線からお客さん目線に変わってきています。(たのしー)

ホットペッパービューティから新規が5人以下しか来ないのなら ブログからお客さんが来ないのなら ホームページからくるお客さんがすくないのなら それはあなたのキャッチコピーと説明文が悪いのです。(言い切りましたね!)

あぁ、キャッチさえかければお客さん来るのに・・・

あたしは、いろいろなサロンオーナーに会ってきて、いっつも、いっつも、そう思ってきたので、ライティング講座なんかもやりました。

みんな、ライティングはちゃんと勉強すれば、売り上げに直結するんだよ~~

勉強してね~

・゜゜・*:・゜゜・* *・゜゜・**・*・゜゜・*:・゜゜・* *・゜゜・**・

あっという間に顔が変わる!

顔のたるみや顔のゆがみに強い、エンドリングフェイシャル小顔矯正とサロン経営が学べる神戸小顔カレッジはこちら