体験会のお知らせ 9/8・10/29東京、9/16・10/30大阪で体験会を行います。詳しくはこちらをクリック

サロン経営で何があろうが生きていける確信のおおもと

サロンで、何があろうが生きていける確信のおおもと

 

あたしね、43歳の時「開業するぞ!!」って意気込んで、娘を宮崎に置いて尼崎に戻ってき、実家に居候してたんです。

娘が看護学校卒業するまで、仕送りせなあかんから、朝はコンビニ・昼はうどん屋・夜はお好み焼き屋でバイトしてたんです。

で、3つのバイト代を合わせたら14万になりました。

そのうち13万を娘に送り、1万は光熱費で親父に渡す。

朝はコンビニで廃棄物を食い漁り、昼はうどん屋で賄いのうどんを食べ、夜はお好み焼きを毎日食べ続け・・・

そうです、実家でただ飯が食べれないので、食い物にあるつけるバイトを3つして3食まかなっていたんです。

すごい理にかなっていますね~~~~

あたしには、絶対に人間どうにかして生きていけるって確信があっから、2年間仕送りをし続けながら食いつなげたんです。

今日は「人間どうにかして生きていける」って確信を得た事件の話をしましょう。

あたしは宮﨑にいた時、温泉宿からサティに転職をしました。

温泉宿で働いていると、深夜とか、夕食時とか、オール仕事になってしまうんです。

すると、息子小学3年生娘小学1年生が毎日2人っきりで、家でご飯を食べる事になっちゃって・・

それは、まずいよなと考えて、昼の仕事に転職したんです。

昼と言っても、サティで12時―20時の定時勤務で、20時のあと清算業務があるから、家に帰り着くのは21時です。

だから転職した時に「うちの晩御飯は21時」と決めて、必ず3人で21時に夕食を一緒に食べるようにしました。

21時までは、子供たちは毎日スナックパンで食いつないでました。

それでね、間を開けずに転職したら、ふつーー前職の月給が次の月に入るから、次の月はそれで食べていけますやん。

でも、あろうことか温泉宿の給料は先払いだったんです!!!

やばい(汗)サティの給料が入るまできっかり1か月無給じゃん。

もちろん貯金はゼロ円。

宮﨑にはびんぼーサーファーの友達しかいません。

やばい、やばい・・・

そんとき、いったいどうしたと思いますか?

じつはね、まさに無給になるその月に、政府から地域振興券なるものが、全国民に給付されたんです!!!

それがね、母子家庭には一人15000円分出たんですよ!!!

なんと!3人で45000円です!!!

1000円の地域振興券が45枚あたしの家に送られてきたんです。

あたしは、お金が尽きたその日から毎日1000円の地域振興券をにぎって、サティでお買い物をして帰りました。

そして、チケットがなくなったときにサティの初給料が入ったんですよ。

そんときにね、あたしは確信したんです。

あたしは、何があっても絶対に大丈夫な星の下に生まれてるんだって。

心の底から、確信したんです。

よく聞いて欲しいんやけど、大切なことはね、「たまたまラッキーだった」で済まさずに起こった出来事に意味をつけてそれを「確信すること」なんです。

確信して腑に落とす。

腹に落とし込むんですよ。

絶対に大丈夫。

それでね、腹に落ちていると、リスクが怖くなくなるんですよー。

こんなあたしは今、エンドリングフェイシャルを広めています。

エンドリングフェイシャル体験会は、「パッションYUMI☆に会いたい」でけでも参加可能です(笑)

・゜゜・*:・゜゜・* *・゜゜・**・*・゜゜・*:・゜゜・* *・゜゜・**・

あっという間に顔が変わる!

顔のたるみや顔のゆがみに強い、エンドリングフェイシャル小顔矯正とサロン経営が学べる神戸小顔カレッジはこちら