体験会のお知らせ 12/8・1/25東京、 12/7・1/26大阪で体験会を行います。詳しくはこちらをクリック

まえにならえの呪縛

さて、今日は「前に習えの呪縛」について話そうと思います。


この前ね、仕事の関係で大人数のグループチャットに入ったんです。

チャットでは、初めに招待された人から順番に挨拶をしていたんですね。



始めの人が「よろしくお願いします」と書いて

次の人が「よろしくお願いします」と書いて

次の人も「よろしくお願いします」と書いていました。



このグループは一緒に仕事をするグループだったんです。


あたしは、「自分はどこそこで○○をしています、○○です」と書いたほうが会ったときにスムーズなのに・・と思っていました。


でも、チャットを見ていると、延々と「よろしくお願いします」と書かれています。




それであたしはこう書きました。
「神戸小顔カレッジという小顔矯正のスクールを経営しております代表のYUMIと申します。」


するとですね、見事に次の人が「わたしは○○で○○の先生をしています○○です」と書き始めたんです(笑)



こん時あたしの頭ん中で、子供ん時の「まえにーならえ!」って号令が響きました。


洗脳されてる(笑)



こころんなかでちょっぴり「こうしたほうがいいのになぁ~~」って思っていても、一人目になるのは、日本人にとって、めちゃ勇気がいる事なんですね。


それか、そもそも「こうしたほうがいい」という発想もなく、前と同じことを書いておけばいいと思っているだけ。


だって「まえにならえ」っていると注意されたり、たたかれる心配ないですからね(笑)



それが、いいとか悪いとかはどうでもいいんですが、

ただね「こうしたほうがいいかも?」ってちらっとでも思ったときに「ほかの人がしてへんから、やめとこ」って言う基準って、成功には程遠いと思うんです。



「誰もやってへんから、やってみよ」ってリスクは大きいかもしれへんけど、あたしら商売人は10人一からげになってしまったら、突き抜ける事なんて夢のまた夢だと思うんです。



「誰もやってへんから、やってみよ」
「誰も言うてへんから言うてみよ」


そんな小さな勇気からはじまった習慣が、いつか地域で突き抜けるお店を作るもとになるんとちゃうんかなって思ったできごとでした~~~



あなたは「みんなの様子を伺って動く人」ですか?

それとも「みんなはそうかもしれへんけど、あたしはこう思う」って言える人ですか????



もう「まえにならえーーーー」って週間から、卒業してもええと思いますよ~


そして、「まえにならえ」から卒業出来たら、リスクを背負えるようになれて、一気に成功への道を駆け上がれますよ~