体験会のお知らせ 10/29・11/26東京、10/30・11/20大阪で体験会を行います。詳しくはこちらをクリック

セラピストにとっての商売の王道

 

今日は、商売の王道についての話しです。



あたし達セラピストが出来る事って、お客さんの身体をよいほうにむけることです。


それは、フェイシャルでも、痩身でも、脱毛でも、マッサージでも一緒です。



そして、その良いほうって、お客さんと真正面から向き合えば、それでもおのずとわかってくるようになります。



それは、お客さんの気持ちに寄り添う事だったり、お客さんを信用する事だったり、お客さんの声に耳を傾けることだったりします。


で、とことんお客さんの気持ちに寄り添ったり、お客さんを信用したり、お客さんの声に耳を傾けたら、お客さんにどう話しかけて、何をしてあげるべきかわかるようになります。




お客さんに一生懸命寄り添って、一生懸命信用して、一生懸命耳を傾けてみてください。



お客さんってね「わかってほしい」って思っています。


誰だって「一生懸命自分の事をわかってくれる人」がいたらすごーく嬉しいでしょ。



あたしは「一生懸命」って伝わると信じています。



商売ってお客さんのことを思うマインドありきです。

それがないと、どーんな商売だって、うまくいきません。




一番先にお客さんのことを思うマインドがあって、その後に正しい集客法を知る事

そして、テストと検証をめげずに繰り返すこと。



それが商売の王道です。


これをはずれた商売は成り立ちません。


もしかしたら、流行に乗ってがーって売り込んだら一時的に売れるかもしれません。



だけど、あたし達が目指すのは息のながーーーサロンです。


「長く地味に継続する」


これが目指すべきサロンのあり方だと思うんです。



では、もう一度書きますね。


商売とは、一番先にお客さんのことを思うマインドがあって、その後に正しい集客法を知る事

そして、テストと検証をめげずに繰り返すこと。


これが全てです。



もしもあなたが、サロン経営で行きずまったときには、この中のどれかが欠けていないか?考えて見てくださいね。


大概は、この中のどれかが欠けているはずですから・・・



そして、地域の人に支えられて、息のながーーいサロンを作っていきましょうね。


===============

エンドリングフェイシャルが習得できる小顔カレッジ大阪・東京校4期生はただいま募集中です。


私たち神戸小顔カレッジの講師と卒業生は、「顔を変えたい」と願うたくさんのお客さんの要望に応え続けてきました。


エンドリングフェイシャルが広まれば、「もうあたしの顔のゆがみなんて治らないんだわ」って信じていた人も救えます。

「年だから仕方ない」ってあきらめていた人も救えます。



だからあたし達は、一人でも多くの方にエンドリングフェイシャルを習得してほしいと願うのです。



施術後のお客さんの、「信じられない」と言って顔を触っている驚いた顔

「これで、明日自信を持って面接に行けます」と嬉しそうに話す顔

「また来月お願いします」と言って笑顔で帰っていく顔


私たちは、毎日毎日嬉しい顔とともに仕事をしています。


エンドリングフェイシャルを習得した生徒達は、毎日いっぱいお客さんから笑顔を貰えるから頑張ってサロンを経営できるんです。



先日、全過程を終了した3期生が卒業しました。


生徒達は、3か月の間に自分の顔を変え続け、練習させてもらったお友達や家族の顔もたくさん変えてきました。


そして、卒業するときには顔を変える喜びを手にして巣立っていきます。



あなたも、今年中にエンドリングフェイシャルを習得して、2019年はたくさんの女性から喜ばれるようになりませんか?