体験会のお知らせ 10/29・11/26東京、10/30・11/20大阪で体験会を行います。詳しくはこちらをクリック

売り上げ上がんない理由の見つけ方

【売り上げ上がんない理由の見つけ方】

サロン始めて、いきなりどかどかお客さんが来ることなんてありません。

経営クラスの生徒達も、数字を管理しながら、地味に告知をし続けて地味に売り上げがコツコツ上がっていくんです。

でも、数字の管理をしていないサロンは月の売り上げが5万とか10万とかで止まってしまってそのまま数年間売り上げが上がんなかったりします。

家賃が発生していると、大赤字です。

売上があがんなくて焦っている人って、生活に追われて自分のためや家族のために売り上げ何とか上げないと!って手あたり次第集客をしようとします。

でもね、そもそもなんで売りあがっていないんかわかってないのに、手あたり次第やってみてもどれも功を奏しません(涙)

じゃあ、なんでお客さんはあなたのサロンにたどり着かないんでしょうか?

どこを改善すべきなんでしょうか?

お客さんがあなたのサロンに来れない理由をしらみつぶしに探さなあかん時に、インスタ必死でやっても、ライン公式の使い方マスターしても、どうにもならへんって事に、はよ気が付いたほうがいいです。

あなたがやるべきことは何でしょうか?

この前、地域紙の相談をしていた生徒に、キャッチの指示と契約の指示を出した後にあたしはこう言いました。

「これと並行して急がないといけないのはHPのビフォーアフターを大至急埋めることです!」

地域紙だけ打てばお客さんが来るわけではなく、地域紙からHPの導線があって、HPからラインへの導線があるんです。

そうじゃないと、お客さんはお店までたどり着けないんです。

それを考え続けるのが、サロンオーナーの仕事です。

施術だけやってるのが好きなら、お店に勤めて時給でお給料もらうほうがよっぽど気楽なんです。

でも、あなたはサロンオーナーを選んだ。

じゃあ、朝から晩までずっとお客さんの事ばっか考えていてください。

そして、なんでお客さんがあなたのサロンにたどり着かないのか死ぬほど考えましょう。

一番手っ取り早くて確実な方法は、お客さんと同じことをしてみることです。

疲れているから、今度の休みにはマッサージでも受けに行こうかな?と、帰りの電車でサロンを探す。

そん時にスマホに、何を打ちこむのか?

どこを見るのか?

どこまで見たら、ほかの店も見てみようと思うのか????

どんな人が、何を見るのか?

それが解決出来たら、あっという間に繁盛サロンできます。

是非やってみてね~~