体験会のお知らせ 11/26, 12/8東京、11/20, 12/7大阪で体験会を行います。詳しくはこちらをクリック

私にもできるか心配です

体験会に来てくださった方の中には、生徒のサロンに行ってびっくり仰天して、さらに「これは誰でもできるんですよ~」と言われて2度びっくりして入学しようかな
って思った方もいました。

そうです、エンドリングフェイシャルは誰にでも出来る技術なんです。

いや、そんなこと言ったって、あたしにはサロン経験も何もないし・・・と思った人はラッキーです。

だってエンドリングフェイシャルはエステの経験がないほうが習得しやすいからです。

エンドリングフェイシャルを習得するときに最も大切なことは講師が言ったことを鵜呑みにする事です(笑)

どんな事を講師が言おうが、そのまんまやってくれれば顔は変えれるようになります。

理論が・・・だって・・・・は一切なしです。

ただね、そうはいってもじゃあ340人の生徒が全員サクサク習得したのかというと、そんなことはありません。

「あたし全然顔変わんないです」って言った生徒もいます。

「あたし全然顔変えれないです」って言った生徒もいます。

その理由は様々ですが、よくあるのはクラスメイトも講師も「これ十分変わってますよー」ってレベルなのに本人だけが分からない場合です。

これは、お客さんでもそう言う人がいます。

「え~すごい変わってるよ」と言っても「どこが変わっているのか、わかんない(涙)」ってなる人です。

こんな人はたくさんの症例を見ていく事で目が養われて、どこが変わったのか見る基準が出来てきて問題は解決します。

次にあるのが、「顔を変えてしまったら怖いから変えれない」というなんとも妙な理由で顔を変えれない生徒もいます。

顔を変えてしまうと、今までの人生を捨てて新しいサロン経営という荒波に飛び込まないといけない。

そういう現実が目の前に迫ってきくると怖くなるのです。

それで自分の能力に蓋をする。という事が起きます。

ほかには、自分にどこまでも自信がなくて、成功体験がなくて、まさかのまさか自分が顔を変えれるなんて心底思っていないから変えれない。という人もいます。

というわけで、カレッジに来た340人全員が顔を変えれるようになったわけではないのです。

それは、どんな手技でも同じなのです。

全く新しい技術を身に着けようと思ったら、とにかく素直に言われたままやる。

それが鉄則であり、技術習得の最短の道でもあります。

自分にこんなことできるかな(涙)

他のクラスメイトは全員出来て私だけ出来なかったらすんごい嫌だな。

そう思う気持ちが出てくるのは当たりまえですが、それでもあえて言わせてもらうならば

自分が出来ないことはそもそもやろうとは思わなないので出来ます。(きっぱり)

人にはね、向き不向きがあります。

不向きな事ってどれだけやろうが不向きなのでできません。

あたしは運動音痴なので、テニスをやろうとはこれっぽちも思わないです。

これっぽちも思わないことを、不向きであると言います。

だけどあたしは、あっという間に身体を治す治療家を見て「この人もあたしと同じ人間なんだからあたしにも出来るに違いない」と思ったのです。

これは向いているという事なのです。

あなたが、エンドリングフェイシャルを習得したいと思ったのなら、それはイコール向いているという事です。

ですから習えば、エンドリングフェイシャルが出来るようになる人なんです。

すごーーーくシンプルな話なので、そんなに悩まないでもいいんです。

あなたは、向いているからやりたいと思っただけです。

だから、習ったことを一生懸命練習すれば100%出来るようになります。

そのなかの数パーセントの方が、様々な理由で拒絶したので出来なかっただけです。

今日はエンドリングフェイシャルなんて自分には出来ないんじゃないか?と思っている問題についてお話ししました。

エンドリングフェイシャルについての理論などは、カレッジ公式サイトの「エンドリングフェイシャルとは?」のページにくわしく書いてありますので読んでおいてくださいね。

「エンドリングフェイシャルとは?」

https://koube-kogao.com/endlingfacial