体験会のお知らせ 10/29・11/26東京、10/30・11/20大阪で体験会を行います。詳しくはこちらをクリック

とんでもないサロンをやっていたあたし

とんでもないサロンをやっていたあたし

うちのサロンの隣はタイムズのパーキングなので、車で来た人には駐車券を出してます。

うちのサロンは駅前なので、うちの隣のパーキングだけ法外に高いので結構な出費になります。

その金額20分で200円!

うちのお客さんは入ってから出るまでが30分だから、どうだって400円も払わなきゃいけない。

それで200円券をたくさん買っているんですが、なんと!この前2万円分もチケット購入した後で、10月から220円になると言い出したのです。

なんてこったい(涙)

そしてタイムズからのお知らせにはこう書いてありました。

20円券を今だけ販売するから20円券を買うか、自腹切ってください。

なんてこったい(涙)

うちの近所は駅前なだけあって、月ぎめが22000円もします。

1日に来るお客さんの数が多いから、月ぎめ駐車場を借りると、車で来た人の次の人も車だと2台も借りなきゃいけなくなります。

その点、コインパーキングだと何台でも停められるので、2台借りる必要がなくなります。

だから、コインパーキングの駐車券を買っているんです。

では、絶対にサロンが駐車場代を負担しないといけないのか?っていうと、そんなことなくて、お客さんに負担してもらっても構わないんです。

都会ならね。

都会で車で来る人って、電車で来れるのにわーざわざ自分の利便性のために車で来ているので、駐車場に自腹切るのに抵抗ないんです。

あと、都会なら自転車停めること問題もあります。

自転車が停めれない物件もあるからです(地方の人からするとびっくりでしょうか)

なんか、びっくりついでに思い出したので書きますが、うちのサロンって開業当初は「トイレ貸してください」って言われたら駅ビルまで歩いて行ってもらっていたんですよ~~~~びっくりでしょ~~~

なんでかって言うと、トイレが築40年の自宅の台所の奥にあるボロボロのトイレだったからです。

で、あたしは必死で50万稼いで、そのお金を1円も広告費に回さずにトイレ改修に使いました。

そして、トイレだけ新品のウォシュレットになりました。

で、トイレは恥ずかしくなくなったのですが、トイレに行くまでに爺さんが寝ているベッドの横をとおり、さらにばあちゃんがテレビを見ている台所を通らなければいけなかったのです。

で、どうしたかって言うと・・・

「あ~トイレね、じーさんとばーちゃんがいますが気にしないでください」ときっぱり言って、トイレに案内してました(笑)

すると、あまりの事にお客さんはビビッて、絶対にトイレは借りないでもいいようにしてうちのサロンに来るようになりました。(こういうのを怪我の功名というのか?)

爺さんは寝ているときならいいんですが、よくボリュームマックスで、演歌をかけて壁1枚しかないサロンの真横でうたいまくるという事もありました。

婆ちゃんは、耳が遠くてボリュームマックスでテレビをかけるという事も続きました。

それでも、それでも、そーれーでーもーサロンは出来たし、お客さんは来てくれてました。

今ですか?

今はね、「トイレ貸してください」て言われたら
じーさんとばーちゃんの位牌と仏壇と写真と、天国に行った犬やインコの写真と、ちっこい骨壺がならんだ部屋を通ってトイレに行ってもらっています。

通る部屋と台所は築50年になりましたが(笑)

繁盛店の究極の条件があるとしたら、それは「誰がやっているのか?」だけだと思います。

この話聞いて、「こんなんでも繁盛店はつくれるんや」って安心してくれたら嬉しいなぁ~